創業105年小田原の歴史と共に守り継がれたこだわりの味

虎朱印に込められた念い

 

正栄堂菓子舗2代目伊東梅太郎が、かつて北条氏が五代に亘って公文書に使用した『虎の印判』に記されている『録寿応穏(長命の寿をもって国の安穏に応える)』という志に共感し、試行錯誤しながらも最中として再現させました。

有機農法による新潟産小金餅米のみを使った最中種に、北海道産の極上大納言あずきを丁寧に炊いた小倉あんに求肥を添えた最中でまさに、食べ方へ『録寿応穏』の念いが込められています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

守り継がれて半世紀。小田原の歴史を和菓子で伝えてまいります。 この虎朱印は小田原城天守閣にて押印できます。城内販売もしております。≪天守閣券≫一般500円

虎朱印最中(とらしゅいんもなか)

小田原の歴史が詰まった、正栄堂自慢の逸品です。

¥170
お買いものカゴ
  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1

*送料は本州740円  北海道・四国・九州・沖縄が1050円(HPが一律料金のみの設定の為740円と表示されますが、改めご連絡させて頂きます。すいません<m(__)m>) 

お支払いは、代引き(送料+324円)・銀行振込(先・手数料お客様負担)・メール確認(郵便局振込のご案内をお送りします*2回目以降または商品3000円以上のお客様には〒手数料無料のご案内。以下は事務手数料200円頂きます)

小田原北条巡り販売中 

 

小田原市の『北条を大河ドラマに』という願いで作られた小田原市のキャラクター北条君。この北条君を多くの方に知って頂き、北条を大河に!の旗の元、小田原を盛り上げて参ります。

 

北条家九人衆にちなんだ小田原の和菓子の詰合せを店頭にてご用意しております。

 

北条家それぞれに由来する和菓子 9種の詰合せが『小田原北条巡り』なっています。

 

 2160円(税込)

 


小田原サブレをオリジナル名入れ袋でお作りします、お寺様や法人様専用。

次の企画に参加して頂けるお客様募集中です。『お寺様』もしくは『法人様』用の名入れサブレ作ります!袋に印刷をかけて『知ってもらえて食べてもらって二度おいしい』がテーマです!

ナッツをきかせた小田原サブレをお客様の名前を入れたオリジナル袋を印刷しお届けします。価格は条件によりますが、【目安で、全て込みで月百個・一枚百円程】詳しくはお問合せ よりお尋ねください。

 


正栄堂当代 ビジョン・使命・行動指針

 我々の目標は、ここから神奈川の和菓子の未来を作り出す!! ことです

ここからのこことは、今の自分や自社の現状のことに加え、今ある和菓子や小田原という地域までを含んだものとします。 小田原を中心に神奈川の人たちに喜ばれる和菓子作りを目指してまいります。


 我々の使命について。 我々の目的は和菓子でお客様の役に立ち、社員さんや周りの人の生活や人生を守り続けること。そして未来の次の世代にたすきを渡すことです!!

 お客様に喜んでいたため、今あるおいしさや技術は守ります。

 そして、働く人を守るため、和菓子の未来を作っていきます。

将来のお客様に和菓子のおいしさと歴史や文化を伝えてまいります・その守り伝えていくことでより良い和菓子作り、良い会社つくりを行い、最終的に次の代にたすきを渡すこと 未来まで伝統をつないでいくことが人生の目的と考えます。

 

 



創作和菓子(ねりきり)月に一度限定販売しております。次回8月1・2日【ひまわり】次々回9月1・2日【重陽の節句】を行います。是非ご予約くださいませ。

テレビ神奈川(3ch)の子供番組で『和菓子が出来るまで』という趣旨で取材依頼があり協力させて頂きました。

写真は当社代表と番組のムートンちゃんんです。

平成26年9月8日神奈川新聞さん8面で当社代表と敬老の日に因み『松の実』が紹介されました。

二宮店移転のお知らせ。

平成27年11月末。

正栄堂二宮店は2件隣(20m程一号線側)に移転致しました。

11月21日(土)より綺麗になった新二宮店舗にて営業させて戴いております!

東北新幹線車内フリー誌『トランヴェール』に正栄堂の虎朱印が紹介されております。 城下町小田原の老舗菓子職人が手作りするこれぞ正統派の最中。 大粒の小豆と求肥のバランスが良くておいしいです。(記事抜粋2014 3月)

正栄堂全店年中無休

お問い合わせ:寿本社工場 8時~16時 0465-34-2222

城下町で和菓子一筋に100年。たゆまず、気負わず、おいしいものを。 いつの時代もここ小田原でおいしいものを作り続けます。

多くの皆様に小田原をもっと知って、好きになって頂きたいです。