小田原の春 ~梅や桜の和菓子色々~

小田原は梅の名所として知られております。名産として梅干しなども有名です。当店でも梅太郎やうめ路・天地人など 梅に関する小田原の古くからの銘菓をご用意いたしております。 

 それに加え、春には小田原城をはじめ市内各地で咲き誇る桜も多くの観光客の方が訪れることからこの季には桜の和菓子が加わり、店内が薄紅色一色に染まります。

 

人気の季節商品。 四季折々に餡が変わる。 
人気の季節商品。 四季折々に餡が変わる。 

桜とうふ

ケーキのスポンジのようにやわらかく仕上げた豆乳入りのかすてらに季節のあんを挟んだ和菓子です。 春にはさくらあんを入れて、かすてらにも桜酒を色づけに

加えてあります。

 

おひとつ 170円  お日持ち15日間です。

 

 *店頭にておひとつから販売しております。 また、おいくつでも綺麗にサービス箱(無料)やご贈答用の進物箱(有料)にお詰めし、すぐにその場でお包み致します。 (こちらの商品だけでなく全ての和菓子も同様です。)

 

上品な装い、ご進物にも。
上品な装い、ご進物にも。

桜ようかん

桜花を浮かべたピンクのさくら羊羹と あずきの口どけなめらかな漉し餡のようかんと2層に仕上げてございます。  やわらかめになっておりますので、おさじなどでもカットできます。

 

一本 550円  お日持ち20日間です。

 

 *こちらも一本から箱のご用意できます。 定番のあずき羊羹

  とのセットや他の和菓子との組み合わせも自由にできます。

 

 

 

 

桜どら焼き

やさしく焼き上げたどらやきに刻んだ桜葉を加えたサクラあんを挟んだ春の和菓子です。 当店のどら焼きは独自の配合と製法、そして脱酸素剤の使用により一切添加物を使うことなく15日間のお日持ちがございます。 

 

おひとつ 200円  お日持ち15日間

どら焼き 製造中。 手焼きでひとつひとつ丁寧に焼き上げていきます。 どら焼きはあんとともに、皮も非常に重要で味・食感が配合とこの焼き場で決まります。


大納言どら焼き

北海道十勝地方の特に大粒のあずき『十勝大納言』で作った小倉(つぶ)あんに求肥を加えたどら焼きです

当店のどら焼きは独自の配合と製法、そして脱酸素剤の使用により一切添加物を使うことなく

15日間のお日持ちがございます。 ただし夏季(5~8月)は暑さの為、お日持ちが確保できないことからどら焼きの販売は中止しております。

 

おひとつ 200円  お日持ち15日間(夏は中止)

品名

価格 単価

お日持ち

(販売日より)

 

販売期間

   
桜とうふ 170円 15日間 1月中旬~4月上旬    
桜ようかん 550円 20日間

   
桜どら焼き 200円 15日間    
大納言どら焼き 200円 15日間 1月中旬~5月上旬    

 *当店のどら焼きは独自の製法と脱酸素剤により、お日持ち

  15日間となっております。

  添加物(軟化剤等)は使用しておりません。


 

 

 

↓↓桜の和菓子是非召しあがってみてください。↓↓


創作和菓子(ねりきり)月に一度限定販売しております。12月1・2日【雪椿】 12月29、30、31日1月2、3日の5日間【干支戌】を行います。是非ご予約くださいませ。

テレビ神奈川(3ch)の子供番組で『和菓子が出来るまで』という趣旨で取材依頼があり協力させて頂きました。

写真は当社代表と番組のムートンちゃんんです。

平成26年9月8日神奈川新聞さん8面で当社代表と敬老の日に因み『松の実』が紹介されました。

二宮店移転のお知らせ。

平成27年11月末。

正栄堂二宮店は2件隣(20m程一号線側)に移転致しました。

11月21日(土)より綺麗になった新二宮店舗にて営業させて戴いております!

東北新幹線車内フリー誌『トランヴェール』に正栄堂の虎朱印が紹介されております。 城下町小田原の老舗菓子職人が手作りするこれぞ正統派の最中。 大粒の小豆と求肥のバランスが良くておいしいです。(記事抜粋2014 3月)

正栄堂全店年中無休

お問い合わせ:寿本社工場 8時~16時 0465-34-2222

城下町で和菓子一筋に100年。たゆまず、気負わず、おいしいものを。 いつの時代もここ小田原でおいしいものを作り続けます。

多くの皆様に小田原をもっと知って、好きになって頂きたいです。